本文へジャンプ
宮崎県 木城町
サイトマップ
 文字サイズ
文字拡大文字標準文字縮小
背景色切替
トップ町の概要くらしのガイドイベント・行事
現在位置:HOMEの中の町政情報の中の選挙管理委員会から選挙関係各種様式ダウンロード

選挙関係各種様式ダウンロード

更新日: 2017年5月31日

 1.不在者投票用紙等の請求

 2.指定施設(病院、老人ホーム等)における不在者投票関係【施設関係者用】

 3.郵便等投票証明書交付申請関係

 4.選挙人名簿抄本閲覧申請

 5.政治活動用事務所証票交付申請【立札・看板の類への貼付用】


 

 1.不在者投票用紙等の請求

 不在者投票とは 
  仕事(出張)や旅行などで、投票日当日及び期日前投票期間中に木城町(選挙人名簿登録 
 地)の投票所で投票することができない場合、出張先や旅行先の市区町村(滞在地)の選挙
 管理委員会で、不在者投票を行うことができます。

 不在者投票の方法 
  ①「投票用紙(及び投票用封筒)請求書兼宣誓書」に必要事項を本人が記入します。(※本
   人以外が記入したりパソコンなど手書きでないものは不可)

  ②記入した「投票用紙(及び投票用封筒)請求書兼宣誓書」を木城町(選挙人名簿登録地)
   選挙管理委員会に持参又は郵送により提出します。(※FAXやEメールによる提出は受
   付できませんので、ご注意ください。)

  ③木城町(選挙人名簿登録地)選挙管理委員会から投票用紙・投票用封筒(外封筒、内封
   筒)・不在者投票証明書の一式が交付(郵送)されます。(※投票用紙一式は、透明のビ
   ニール封筒に入った状態で届きます。開封せずに届いた状態のまま滞在地の選挙管理
   委員会に持って行ってください。むやみに開封した場合、不在者投票ができない場合が
   あります。)

  ④交付された投票用紙等一式を届いた状態のまま滞在地の選挙管理委員会に持参し、不
   在者投票を行います。
    ※不在者投票できる期間:投票日の公示(又は告示)の翌日から投票日の前日まで
    ※不在者投票できる時間:
      滞在地で選挙が行われている場合・・・午前8時30分から午後8時まで
      滞在地で選挙が行われていない場合・・・滞在地選挙管理委員会の執務時間内(木
                               城町の場合は午前8時30分から午後5時
                               15分まで)

  ⑤滞在地の選挙管理委員会が木城町(選挙人名簿登録地)選挙管理委員会に、記載した
   投票用紙を送致します。
    ※記載した投票用紙が投票日当日の投票所閉鎖時刻までに所定の投票所に届かな
     かった場合、投票が無効となりますので、余裕をもって早めに投票してください。

  ⑥投票日当日、木城町(選挙人名簿登録地)の所定の投票所の投票箱に投函されます。

 注意事項 
  ・上記「不在者投票の方法」の各手続きそれぞれにおいて、相当な時間を要します。
   大切な1票を無駄にしないためにも、早め早めのお手続きをお願いします。
  ・「投票用紙(及び投票用封筒)請求書兼宣誓書」の提出(請求)は、投票日の公示(又は告
   示)日の前であってもできます。

 

 2.指定施設(病院、老人ホーム等)における不在者投票関係【施設関係者用】

  不在者投票施設に指定されている施設の関係者用の様式です。

 

 3.郵便等投票証明書交付申請関係

 郵便投票とは 
  身体の障がいや疾病のために投票所で投票することができない方が、自宅など現在いる 
 場所で投票用紙に記載し、郵便等により投票を行う制度です。
  この制度を利用するには、次の要件を満たす方で、且つ事前に郵便等証明書が交付され
 ている必要があります。

 必要な要件 
 〇自分で筆記できる方
   身体障害者手帳、戦傷病者手帳、介護保険被保険者証のいずれかの交付を受けている
  方で、手帳に以下の記載がある方。
区分障がいの種類障がいの程度
身体障害者手帳 両下肢、体幹、移動機能1級または2級
 心臓、腎臓、呼吸器、膀胱、直腸、小腸1級または3級
 免疫、肝臓1級から3級まで
戦傷病者手帳 両下肢、体幹特別項症から
   第2項症まで
 心臓、腎臓、呼吸器、膀胱、
 直腸、小腸、肝臓
特別項症から
   第3項症まで
介護保険被保険者証 要介護状態区分要介護5

 〇自書できない方(代理記載制度を利用される方)
   上記対象者のうち、自ら投票の記載をすることができない者として、次のいずれかに該当
    する方は、代理の方に投票の記載をさせることができます。
区分障がいの種類障がいの程度
身体障害者手帳 上肢、視覚1級
戦傷病者手帳 上肢、視覚特別項症から
   第2項症まで

 郵便等投票証明書 
  投票に先立って、郵便等投票をすることができる者であることを証明する「郵便等投票証明
 書」が交付されている必要があります。
  郵便投票証明書の有効期間は、交付の日から7年間(要介護5の方は、介護保険被保険
 者証の有効期限まで)で、この間の各種選挙で使用することができます。

 〇交付申請に必要な書類
  ※申請する際は、身体障害者手帳、戦傷病者手帳又は介護保険被保険者証を添付してく
   ださい。

 郵便投票の方法(投票用紙等の請求から投票まで) 
①投票用紙等 
 の請求
木城町(選挙人名簿登録地)選挙管理委員会に、「郵便等投票用紙等請求書」と「郵便等投票証明書」を提出します。
 ※「郵便等投票用紙等請求書」の氏名欄は、必ず選挙人ご本人が記入し
  てください。
 ※投票用紙等の請求が行えるのは、選挙期日の4日前までです。
 ※投票用紙等の請求は、選挙の告(公)示日以前でも行えますが、実際に
  投票ができるのは告(公)示日の翌日以後になります。
      
     ・郵便等投票用紙等請求書 (172kbyte)pdf
     ・郵便等投票用紙等請求書(代理記載用) (241kbyte)pdf
②投票用紙等
 の交付
選挙人ご本人様宛てに、投票用紙・投票用封筒(内封筒、外封筒)・返信用封筒が郵便等で交付されます。
③投票用紙へ
 の記入
投票用紙に候補者氏名(衆議院の比例代表選出議員については政党等の名称、参議院の比例代表選出議員については候補者氏名または政党等の名称)を記入し、投票用紙を内封筒に入れて封をし、さらにそれを外封筒に入れて封をし、外封筒に投票用紙の記入をした年月日と場所を記入のうえ、選挙人ご本人の氏名を署名します。
 ※代理記載による場合は、上記を代理記載人による代筆で行い、あわせ
  て代理記載人が外封筒に署名します。
④投票の郵送外封筒を返信用封筒に入れ、木城町(選挙人名簿登録地)選挙管理委員会に必ず郵便等で送付してください。
 ※記入した投票用紙が投票日当日の投票所閉鎖時刻までに所定の投票
  所に届かなかった場合、投票が無効となりますので、余裕をもって早め
  に投票してください。


 

 4.選挙人名簿抄本閲覧申請

 閲覧できる要件
  選挙人名簿抄本は、次の場合に限り、閲覧することができます。
   ①特定の者が選挙人名簿に登録された者であるかどうか確認するために閲覧する場合
   ②公職の候補者等、政党その他の政治団体が政治活動・選挙運動を行うために閲覧す
    る場合
   ③統計調査・世論調査・学術研究その他の調査研究で公益性が高いと認められるものの
    うち、政治・選挙に関するものを実施するために閲覧する場合
   ※閲覧により知り得た事項が不当な目的に利用されるおそれがある場合等は、閲覧をお
    断りします。

 閲覧の手続き
活動の種類閲覧申請
ができる人
閲覧できる人申請書添付書類
①特定の者
  が選挙人名
  簿に登録さ
  れた者であ
  るかどうか
  の確認
選挙人申出者本人様式1「選挙人名簿抄本閲覧申出書(登録の確認)」 (36kbyte)pdfなし
②政治活動・
 選挙運動
公職にある者及びその候補者申出者本人
または申出者
が指定する者
様式2-1「選挙人名簿抄本閲覧申出書(政治活動)」 (50kbyte)pdf

様式2-2「候補者閲覧事項取扱者に関する申出書」 (25kbyte)pdf
公職の候補者になろうとするものであることを示す資料(証票交付申請書の写、供託証明書の写、立候補者となることを表明したことを伝える新聞記事等。現職は省略可。)
政党やそ
の他の政治団体
申出をした政
治団体の役職
員・構成員で
申出者が指定
する者
様式2-1「選挙人名簿抄本閲覧申出書(政治活動)」 (50kbyte)pdf

様式2-3「承認法人に関する申出書」 (38kbyte)pdf
政治団体の届出書の写及び政治活動の実績を示す資料(予算書・事業計画書の写
、前年の収支報告書の写等。現職が所属する政治団体は省略可。)
③統計調査・
 世論調査・
 学術調査・
 その他の
  調査研究
個人申出者本人
または申出者
が指定する者
様式3-1「選挙人名簿抄本閲覧申出書(調査研究)」 (48kbyte)pdf

様式3-2「個人閲覧事項取扱者に関する申出書」 (25kbyte)pdf
調査研究の概要や実施体制を示す資料。
申出者が国等の機関並びに大学・報道機関等からの受託者である場合は、そのこと
を証明する書類
国または
地方公共団体の機関
申出機関の職
員で申出機関
が指定する者
法人申出法人の役
職員・構成員
で申出法人が指定する者
  ※1 様式2-2,2-3,3-2は、名簿抄本の閲覧により知り得た事項を閲覧者以外の者(法人
     含む)に取り扱わせる必要がある場合のみ提出してください。
  ※2 閲覧日時等について、事前に選挙管理委員会に連絡(確認)をお願いします。
  ※3 閲覧される方は、公的機関が発行する閲覧者の写真が添付されている身分を証明す
     る書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等)を閲覧時に提示してくださ 
     い。

 閲覧の場所・時間
  選挙管理委員会の指定する場所で、執務時間内に閲覧していただきます。

 閲覧の方法
  閲覧は、読み取りまたは筆記のみです(コピー、撮影、パソコンを持ち込んでの入力等はで
 きません。)。

 

 5.政治活動用事務所証票交付申請【立札・看板の類への貼付用】

 政治活動用事務所証票について 
  公職の候補者等(現職も含む。以下同じ。)又は当該後援団体が政治活動のために使用す 
 る事務所に、当該候補者の氏名又は後援団体の名称等を記載した立札・看板の類を掲示す
 る場合は、対象の選挙を管理している選挙管理委員会に枚数や設置場所を申請し、その際
 に交付される「証票」を立札・看板の類に貼り付ける必要があります。

 木城町選挙管理委員会において証票交付対象となる選挙 
  〇木城町長選挙
  〇木城町議会議員選挙

 立札・看板の類の規格等 
  〇1人の公職の候補者等又は当該後援団体が設置できる立札・看板の類の上限は、それ
   ぞれ4枚。
  〇1つの事務所に2枚まで。
  〇大きさは、縦150cm以内×40cm以内(脚を付ける場合は、脚の部分も含む。)。

 申請書 
  ① 第2号様式「証票交付申請書(候補者等用)」 (38kbyte)pdf
  ② 第3号様式「証票交付申請書(後援団体用)」 (38kbyte)pdf
  ※ 後援団体については、「政治団体設立届」を宮崎県選挙管理委員会に届出、登録され
    ていることが必要です(届出の写を申請書に添付)。

 有効期間 
  証票の有効期間は、交付日から4年です。
  期限後も引き続き立札・看板の類を掲示される場合は、期限の切れる前に新たに交付申
 請を行ってください。

 注意事項 
  〇事務所以外の場所(農地や空き地等)には掲示できません。また、自動車などにも取り付
   けることはできません。
  〇あんどん(内照)形式のもの、広告塔、ネオンサイン、電光などを使用したものは、立札・
   看板の類とは認められません。
  〇立札・看板の類を両面使用する場合は、表、裏で計2枚とみなし、証票も両面に必要で
   す。

お問い合わせ
総務財政課
TEL: 0983-32-4725FAX: 0983-32-3440
E-mail: soumu@town.kijo.lg.jp
 
木城町役場 総務財政課
〒884-0101 宮崎県児湯郡木城町大字高城1227番地1
TEL:0983-32-4725(直通) FAX:0983-32-3440 E-mail:soumu@town.kijo.lg.jp