本文へジャンプ
宮崎県 木城町
サイトマップ
 文字サイズ
文字拡大文字標準文字縮小
背景色切替
トップ町の概要くらしのガイドイベント・行事
現在位置:HOMEの中の町の概要から木城町の歴史

木城町の歴史

更新日: 2013年4月1日
比木神社
比木神社
木城町は古来高鍋秋月藩の治下に属し、明治4年の廃藩置県になるまで、その領政の支配を受けていたが、明治16年宮崎県の児湯郡役所の所轄となった。その間は椎木、高城、石河内に戸長役場があり、行政は3つに分れて行われた。その後高城村外 5ヶ村の戸長役場となり、明治22年の市町村制の実施に伴い当時の椎木の『木』と高城の『城』を組み合わせて『木城』としたのが始まりである。
本町は国道10号線を西に隔たること約6km、東児湯5ヶ町のうちでただ一つこの幹線道路に沿っていない町である。しかし往古は日向国の交通の要衝となっていて、その文化度は他地方より高かったことが推察される。町内に散在する古墳群、特に大化の改新以後の駅路の制に設けられた児湯の駅は、わが高城にあったことは今日史家の定説となっており、木城は日向の国における要地になっていたのである。

明治22年の市町村制の実施で、木城村と呼称し、大字椎木、高城、川原、石河内の4大字であつたが、昭和37年4月1日東米良村大字中之又地区を編入し5大字となり、その後、昭和48年4月1日に町制を施行し、木城町となり現在に至っている。

お問い合わせ
教育課
TEL: 0983-32-2369FAX: 0983-32-2380
E-mail: kyouiku@town.kijo.lg.jp
 
木城町役場 総務財政課
〒884-0101 宮崎県児湯郡木城町大字高城1227番地1
TEL:0983-32-4725(直通) FAX:0983-32-3440 E-mail:soumu@town.kijo.lg.jp