本文へジャンプ
宮崎県 木城町
サイトマップ
 文字サイズ
文字拡大文字標準文字縮小
背景色切替
トップ町の概要くらしのガイド
現在位置:HOMEの中の町の概要の中の文化財から十一面観音坐像

十一面観音坐像

更新日: 2018年7月12日
 11面観音像

種 別:

有形文化財

指 定:

平成2年7月5日

所在地:

木城町大字高城3874-1

概  要:

 天正6年(1578)、新納院高城の地頭となった山田新介有信は、領主の島津義久の命により、高城合戦(耳川の戦い)による敵味方双方の戦死者を供養するため、この坐像を建立した。

 十一面観音とは、人々の様々な苦難に対応するため、すべての方向に顔を向けた観音で、像の頭部に11の顔を表現しており、それぞれに人々の苦しみを救う力が秘められている。本像の十一面の配置の特徴は、正面3面が慈悲、左側面3面が憤怒、右面3面が牙をむき、後背1面は大笑、頂上が阿弥陀仏面となっている。なお、高さは76cmである。

 この制作には、泉州堺の大仏師である「隆恵法目」に依頼をしており、高鍋藩の寺社帳などにこの像の制作についての記載がある。像の体内には墨書による銘文が記されており、右肩の材内には「泉州堺之住 大佛師『隆恵』法目作之」、体部右側には「當地頭 源朝臣山田新介有信」と記されている。

 残念ながら本像は、制作されてから既に400数年経っており、頭上面の大半を失っている。現在は地元の地区の住民を中心に定期的な清掃活動が行われ、大切に保護されている。

リンク:

城山公園(木城町ホームページ)

お問い合わせ
教育課
TEL: 0983-32-2369FAX: 0983-32-2380
E-mail: kyouiku@town.kijo.lg.jp
 
宮崎県 木城町役場
〒884-0101 宮崎県児湯郡木城町大字高城1227番地1

 
(各課の連絡先はこちらをクリックしてください)