本文へジャンプ
宮崎県 木城町
サイトマップ
 文字サイズ
文字拡大文字標準文字縮小
背景色切替
トップ町の概要くらしのガイド
現在位置:HOMEの中のくらしのガイドの中の国民健康保険・後期高齢者医療から後期高齢者医療:「自己負担限度額」と「入院時の食事代」について

後期高齢者医療:「自己負担限度額」と「入院時の食事代」について

更新日: 2020年7月10日
後期高齢者医療制度では、本人や世帯の所得に応じて次の6つの所得区分に分けられます。
所得区分 自己負担割合  
現役並み所得者Ⅲ


    3割
住民税課税所得が690万円以上の被保険者やその方と同じ世帯の被保険者。
現役並み所得者Ⅱ 住民税課税所得が380万円以上の被保険者やその方と同じ世帯の被保険者。
現役並み所得者Ⅰ 住民税課税所得が145万円以上の被保険者やその方と同じ世帯の被保険者。
一般の方


  1割
現役並み所得者、低所得者Ⅰ・Ⅱ以外の方にあたります。
低所得者Ⅱ その属する世帯の世帯主及び世帯員全員が住民税非課税である方にあたります。
低所得者Ⅰ その属する世帯の世帯主及び世帯員全員が住民税非課税であって、その世帯の所得が一定基準以下の世帯に属する方にあたります。
自己負担限度額(月額)
所得区分 外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
現役並み所得者Ⅲ 252,600円+(医療費-842,000円)×1%
(140,100円)※1
現役並み所得者Ⅱ 167,400円+(医療費-558,000円)×1%
(93,000円)※1
現役並み所得者Ⅰ 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
(44,400円)※1
一般の方 18,000円
(年間上限144,000円)※2
57,600円
(44,400円)※1
低所得者Ⅱ 8,000円24,600円
低所得者Ⅰ 8,000円15,000円
※1 ( )内の金額は、過去12ヶ月以内に外来+入院の限度額を超えた支給が4回以上あった場合、4回目以降に該当します。
※2 外来(個人単位)について、自己負担額が年間(8月~翌年7月)の上限額を超えた場合についても、高額療養費として支給されます。

・低所得者Ⅰ・Ⅱの方は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」、現役並み所得者Ⅰ・Ⅱの方は、「限度額適用認定証」を受診の際に掲示することで、外来・入院それぞれ自己負担限度額までとなります。

入院時の食事代(1食あたり)
所得区分 食費
現役並み所得者Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、一般 460円※
低所得者Ⅱ(90日までの入院) 210円
低所得者Ⅱ(過去12ヶ月で90日を超える入院 160円
低所得者Ⅰ 100円
※一部260円の場合があります。
★低所得者Ⅱの方で90日を超える入院の場合は、手続きが必要です。すみやかに役場町民課窓口に申請してください。

療養病床に入院する場合

所得区分 1食あたりの食費 1日あたりの居住費
現役並み所得者Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、一般 460円
(一部医療機関では420円)


    370円
低所得者Ⅱ 210円
低所得者Ⅰ 130円
老齢福祉年金受給者 100円      0円
入院医療の必要性の高い状態が継続する方や回復期リハビリテーション病棟に入院している方は、上記の入院時の食事代と同額を負担します。居住費は、370円(難病患者は0円)になります。
お問い合わせ
町民課
TEL: 0983-32-4735FAX: 0983-32-3440
E-mail: choumin@town.kijo.lg.jp
 
宮崎県 木城町役場
〒884-0101 宮崎県児湯郡木城町大字高城1227番地1

 
(各課の連絡先はこちらをクリックしてください)